兵法タイ捨流 龍泉館 公式ホームページ
[TAISHARYU JAPAN Official Website] DOJO RYU-SEN-KAN
HAPPY DROP  >  兵法タイ捨流龍泉館  >  はじめに

はじめに

 兵法タイ捨流とは

兵法タイ捨流(ひょうほう・たいしゃりゅう)とは、江戸初期の剣客“丸目蔵人(まるめ・くらんど)”が興した剣術の流派である。

兵法タイ捨流の「タイ」という言葉には、「大・体・待・対・太」など複数の意味合いが含まれている。
「大」は、丸目蔵人の師である”上泉信綱(かみいずみ・のぶつな)”の死後「偉大な師を失った」という意味を示す。そのほか、「体」とすれば体を捨てるにとどまり、「待」とすれば待つを捨てるにとどまり、「対」とすれば対峙を捨てるにとどまり、「太」とすれば自性に至る。

また、これらの言葉にとらわれない自在の兵法という意味もあるとされる。

【丸目蔵人(まるめ・くらんど)とは?】

→ 詳説・丸目蔵人佐のページにて、さらに詳しく解説。

 技の特徴

新陰流を基礎とした、自分も生かし相手も生かす「活殺剣法」である。
(丸目蔵人は、上泉信綱より「殺人刀太刀」「活人剣太刀」の免許皆伝を受けている。)

技の最大の特徴は、独特の構えにある。
右半開に始まり左半開に終わる。すべて袈裟斬りに終結するとされる。

宗家家紋の九曜の型による円の太刀。
飛掛り飛廻って相手を撹乱して打つ技。
刀と蹴技・眼潰を組み合わせた技等々…様々な実践的剣法を現在に伝えている。

 系譜

流祖 ― 丸目石見守入道徹斉蔵人佐藤原長恵
二代 ― 神瀬軍助太神惟幸
三代 ― 相良庄次郎頼武
四代 ― 相良左兵衛長房
五代 ― 神瀬五右衛門入道年哉
六代 ― 小田七郎右衛門藤原定矩
七代 ― 小田夕可藤原定紀
八代 ― 小田直左衛門藤原定能
九代 ― 小田金駄左衛門藤原定記
十代 ― 小田八郎左衛門藤原定直
十一代 ― 佐厶田忠蔵藤原良興
十二代 ― 小田夕可藤原定孝
十三代 ― 山北竹任藤原定宗
十四代 ― 木野敬夫藤原定敬
十五代 ― 上原エリ子藤原英定


 無形文化財としての兵法タイ捨流

これまでに、兵法タイ捨流の宗家(2名)が無形文化財指定を受けました。

「十二代宗家 小田夕可(おだ・せきか)」
昭和三十七年九月一日、熊本県教育委員会より、「熊本県文化財保護条例第十六条第二項の規定により、熊本県指定無形文化財タイ捨剣法技術の保持者として認定する」との書状を受ける。

「十三代宗家 山北竹任(やまきた・たけのり)藤原定宗」
平成六年十月一日錦町教育委員会より、「錦町文化財保護条例第十六条第二項の規定により錦町指定無形文化財タイ捨流剣法の保持者に認定する」との書状を受ける。