兵法タイ捨流 龍泉館 公式ホームページ
[TAISHARYU JAPAN Official Website] DOJO RYU-SEN-KAN
HAPPY DROP  >  兵法タイ捨流 龍泉館  >  技法一覧

教傳技法

教傳技法一覧

兵法タイ捨流では現在、「剣術」や「一部の棒術」が、流祖・丸目蔵人佐より現宗家に代々伝えられている。

また、技以外にも算盤・刻限・天気予報・地震に関する観測等の教傳が有る。

流祖・丸目蔵人佐は、剣術以外にも槍術・棒術・杖術・薙刀など数々の武具を使いこなし、その上馬術・算術・茶道・書道等あらゆる分野を極めた実に多彩な人であった。

教傳技法「型」

大太刀乃型

【壱】おもて   【弐】八ヶはっか   【参】真乃太刀しんのたち   【肆】刀縛とうばく   【伍】嵐勢らんせい   【陸】車輪しゃりん   【漆】一足乃詰いっそくのつめ
【捌】猿廻えんかい   【玖】行摺ぬきすり   【拾】蜻返せいへん   【拾壱】揚遮ようしゃ   【拾弐】獅憤しふん   【拾参】猛虎もうこ

小太刀乃型

【拾肆】鋒縛ほうばく   【拾伍】朴解ぼくとく   【拾陸】石壓せきあつ   【拾漆】退勝たいしょう

終結乃型

【拾捌】刀刀截どうとうさい

以上拾捌本

教傳技法「居合」

【壱】燕飛えんぴ   【弐】猿廻えんかい   【参】虎乱こらん   【肆】十手じって   【伍】山陰やまかげ   【陸】刃瞬にんしゃく   【漆】超飛ちょうひ   【捌】機前一刀きぜんいっとう
【玖】一葉波凹凸乃切夫いちようはおうとつのせっぷ

口傳

【拾】暗夜  【拾壱】空岩  【拾弐】鋒凌  【拾参】車輪左右
【拾肆】三刀一連  【拾伍】孤峯  【拾陸】間尺  【拾漆】直道  【拾捌】剣機変神

以上拾捌本

教傳技法「組太刀」

【壱】抜刀ばっとう   【弐】足蹴そくしゅう   【参】逆握ぎゃくあく   【肆】奪刀ばいとう   【伍】突柄とっぺい

口傳

【陸】枝鳥  【漆】鉄冠  【捌】脱身  【玖】大小電

以上玖本

教傳技法「奥義」

観かえり(身返り)の術
左 托開
右 把柱

以 上

傳位制度

傳位

兵法タイ捨流の傳位は「九曜」に因み、初傳~称号印可まで九段階の傳位があります。
九段階の傳位を習得した者だけが、免許皆伝の審査資格を得ます。

昇傳審査

師範代より推薦された者が、昇傳審査を受ける事が出来ます。
昇傳審査は年二回行われ、宗家および師範より認められた者にのみ傳位が授与されます。

 稽古に必要なもの

▼衣服について
道着(半着と袴、剣道着でも可)・居合帯

▼武具について

 木剣

「型」「奥義」稽古で使う大太刀と小太刀です。

写真左:大太刀 三尺六寸三分
写真右:小太刀 二尺三寸五分(鍔付)

 居合刀

「居合」「組太刀」稽古で使用します。

 八角六尺棒

「奥義」稽古で使用します。

 タイ捨流袋竹刀

「型」稽古、および「地稽古」に使用します。